二度読みできる本

推理小説や誰と誰がくっつのかなど先が気になるストーリーを読む時、さらさらっと速読して結果を知りたいと読みきってしまいます。先が気になって今現在読んでる最中のこまごました事が頭にはいらないんです。犯人は誰だ?この女性は相手に誰を選ぶのか?この三角関係はどんな結末を迎えるのか?そんなことを考えていると結局読んでるようで読み飛ばしている事が多いんです。なので、一回読みきってからまた改めてじっくり読む事がたくさんあります。結果がわかってるから面白くないんじゃないかと思うかもしれませんが、それはそれで結局この事は結末のあの事に繋がるんだとか、これが彼女の気持ちを変えたとか、犯人の小さなミスに改めて気づくとか、結構面白く読めます。いかに自分が飛ばして読んでいたかということもわかりますが、二度読みは悪くありません。気に入った本は二度と言わず何度でも読んでしまいます。お気に入りの映画やドラマを何回もみるのと同じ感じだと思います。好きな物は何回見ても飽きないし、何回見ても好きなんですよね。そんな本はきっといくつになっても好きなままで変わらないと思います。そんな何度も読み返せる本が何冊か手元にあると、いつも幸せな気分になります。

本性さらけ出し!

他人には言えない、又は見られたくないけど自分の好きな事って無いですか?変わった食べ方をするのが好きとか、みんなが嫌いだけどあの芸能人が好きとか、おっさん座りをしてテレビ見るとか、お菓子をバリバリほおばりながら読書するとか、「えー」と他人からは言われそうな事でも、何を言われようと好きな物は好きですよね。でもなかなかそれを人前で言ったりするのは抵抗がある時ってありますよね。自分の意見を出し切ってしまうのは簡単そうで意外と難しい。人付き合いが大切な社会では、ある程度周りのみんなと合わせて生きていくのが大事だと思います。なので、本性をさらけ出して付き合える友達がいることにとてもありがたいと思います。すっぴんで遊びに行っても何も言わないし、変わった取り合わせで食べるおやつの食べ方も気にしない、適当に無視しなくていけないところもわかってくれてるし、気が抜ける場所です。そんな相手が一人はいてもいいのではないかと思います。それが友達であっても恋人であっても、自分が自分でいられる相手がいることはとても心強い物です。本性をさらけ出した分、次の日からの仕事も、人間関係も頑張ろうと思える物です。そんな友人には、感謝してもし足りません。

待ち合わせ場所選びのポイント

皆さんは待ち合わせをする時どこにしますか。もちろん会う場所、時間帯、合う人によって変わる事もありますが、私はだいたい本屋で待ち合わせをする事がほとんどです。大概の場所に本屋はあるし、ぶらぶらしてても問題ないし本を読んでてもいい。わざと待ち合わせより早く行って本を探す事も多々あります。古本屋へは良く行くのですが、最近は新刊を買うことが少なく古本屋で安くておもしろい本を探す事が多くなっています。でも興味深い本を新刊で見つけてしまうと、古本屋に達するまでに時間がかかるので待ち遠しくなります。次に待ち合わせの場所としてよく使うのはコンビにです。ここにも本があってなかなか相手が来ない場合は本をちらちら見たり、ドリンクを買って表で待ってたりする事があります。コンビには、今はどこに行っても必ず1つや2つはある便利な場所なので、いつも重宝しています。疲れて帰ったときのお弁当を買ったり、ちょっとしたデザートを買ったり、季節によってカウンターにある変り種を買ったり出来るとっても便利な場所です。パンもあるしご飯もある。お菓子もあるしお酒もある。ほんと便利な場所ですよね。待ち合わせだけならず、一人でもよくお世話になる場所です。待ってても苦にならない、寒くない暑くない場所が待ち合わせ場所のポイントです。

我が家では、バラバラになるのが当たり前

新聞に気になる記事があったので付箋を貼っておいたら、そのページだけ戻ってきました。どうしてここだけなの?と聞いたら「どうせページバラバラにするでしょ」と言われてしまい、私はそんなに新聞の読み方が下手だろうかと考えてしまいました。我が家は基本的にみんな、新聞の読み方が上手ではありません。読んでいるうちに、ページがバラバラになってしまうのです。そしてたたみ直すとなぜか角が揃わないという……親戚のおじさんはその角があっていない状態というのがすごく嫌いらしく、娘さんが読んで崩れた形を、毎日ぴったり揃えているのだそうです。でも我が家はそう気にする人はいないので、ばらばらのまま。新聞を廃品回収に出すべく紙ひもで縛るときになって、縛りにくいなあと苦情が出ます。クリップで止めればいいのかなあとも思うんですが、基本的に一度読めば終わりの新聞に、そこまで気を使いませんよね。けっこうのんびりしている我が家です。さて、戻ってきたページを読むことにしましょうか。新聞記事は後で読もうと思うと忘れてしまって、情報が古くなっていきますからね。その日の記事はその日のうちに、が基本だと思っています。それでも気になる記事は、スクラップして残しておいています。

This entry was posted on 2014年7月1日, in 過ごし方.

羨ましい転校生

昔、学生の頃、転校生になりたくて羨ましいと思っていました。なにが羨ましいかというと、なんだか特別な気がして。転校してくる側は大変なんだろうけど、新しい生活、新しい友達、新しい地域、友達との別れとか、いろいろあるだろうけど、出会いがあるから別れがあって、別れがあってまた新たな出会いがあると思うから。新しい地域に越してきたら、また散策とかすればいいし、新しい友達とコンビニでお菓子を買って喋ったり、新しいショッピングセンターでうろうろしてみたり、きっとそれまでとは違う景色にも出会う事があると思うから、ちょっと憧れたりしてました。学生の頃、転校生がやってくる事が何回かありました。はなしたがりで興味津々の思いで、早速話しにいくんだけど、本人にしたらドキドキだったんでしょうね。結局同じグループになることは一度も無かったけど、新しい地域から来る子にはいつも興味をそそられました。街中から来た子だったら、忙しい街はどんな風だったとか、田舎から来た子だったら、どんな景色が見れたとか。まぁこれから仕事で転勤とか、結婚して引越ししたりする事もあろう。それはそれで少し楽しみだったりするんです。まだまだ先の話だろうけど。そんな時のために、いつでも人と話せる性格でいたいなと思います。

This entry was posted on 2014年6月22日, in 過ごし方.

季節季節のその日の付き合い方

夏場になると、クーラーと扇風機の前を陣取る。冬になるとストーブの前に三角座りをして陣取る。暑がりだし寒がりだし、何とかならないかと思う毎日。でも、北極やカナダみたいにずっと寒いのもいやだし、アフリカやフィリピンみたいにずっと暑いのも嫌です。そう考えると、日本て四季があって、寒い時、暑い時、過ごしやすい時期があっていい国だと改めて実感しました。カフェに行っても、いつも冷暖房が効いているし、スーパーもいつも心地よい。いやぁ~日本に生まれ育って良かった。梅雨だけは何とかならないかなと思いますが・・・。でも、恵みの雨の季節だと思えば、それも大事な時期ですよね。日本人大好きな米を、雨が降って水がたくさんあるからできるものだし、水が少ない地域の人たちにするとわがままな望みですよね。でも、梅雨の時は、、靴も靴下もべちゃべちゃに濡れるし、洗濯物も乾かないし、なんだか家中かび臭い気がするし、それはそれで大変です。明日は心地よいお天気だそうですので、散歩にでも出かけようと思っています。ついでにスーパー行って買出しして、本屋へ寄って本を探して、運動も兼ねてぷらぷら。雨の日も晴れの日も、暑い日も寒い日も、上手く付き合っていきたいですね。

This entry was posted on 2014年6月8日, in 過ごし方.

つぼにはまる

自分の中でスイッチが入る時。色々あると思います。ダイエット、勉強、ドラマにはまる、料理、お菓子、化粧・・・。数え上げたらきりがありません。最近の私のスイッチはおもしろい本を見つけたときに入りました。しかも結構ぶ厚い本なので楽しみで仕方ありません。短いとあっという間に終わってしまうでしょ。だからこれはおもしろいという本がぶ厚い時は嬉しくなってしまうんです。先が気になって早く結果を知りたいと思うのももちろんですが、楽しみは先延ばしにしておいた方がもっと楽しいものだと思うので。その「道中」が一番楽しかったりするときあるじゃないですか。旅行に行くのに日程を組んでいる時の方がわくわくしたり、お菓子を作ったりするとき誰かを想い描いて作ったり。そんな感じです。読書は好きですがどつぼにはまる本というのはなかなかなくて、久々の感覚です。寝ても覚めても、仕事してても早く読みたいと思わせてくれる本に出会ったのは久しぶりな気がします。特に作家さんにこだわりはなく、今まで気に入った本の作家さんはみんなばらばらです。それぞれにいい部分があるので誰が一番、というのはありません。なので余計見つけるのが大変な気もします。でも久々のこの感覚、しばらく楽しみたいと思います。

This entry was posted on 2014年5月21日, in 過ごし方.

いつも精一杯、この次はそれ以上を目指して

自分の力はまだまだあると信じ、何事にも一生懸命取り組むように頑張っています。逆に言うと出し切ってないのかと言われそうですが、そういうわけではなく、その時々はその時できる精一杯の事をしているんです。でも、それで満足してしまうと自分が成長できない気がして「自分はもっとまだまだできるはず」と自分を奮い立たせるように頑張っています。小さな仕事でも大きな仕事でも、精一杯取り組むのが基本です。でも、ああ今回はやってのけた、今度もこれで行こうと思うとなんだかそれ以上上を目指せないというか。同じ力だと、同じ程度の結果しか手に入らないと思うのです。次はもっとこうしてみようとか、失敗から学ぶ事とかたくさんあると思います。少しでもベターな結果が出せるといいと思う気持ちで次の事に向かいます。新たな事に挑戦してみたり、違う方法で挑んでみたり、失敗もありますが何事もやってみない事にはどうなるかわかりません。失敗は成功の元という言葉がある様に、自分のミスから学ぶ事は大事だと思うので同じ失敗はしないように気をつけています。でも今回駄目だった事でも今度はいけるかもしれないという事もあります。なのでその辺は臨機応変に出来るように頭をやわらかくして物事が見れたらいいなとも思います。とにかく、何事にも精一杯がんばり、自分の力を伸ばせれるよう毎日頑張っています。

今回の私のプロジェクト!

何かを達成したときに得る「達成感」が大好きで、昔から自分でプロジェクトや、何かを決めてするのが大好きでした。一時前までは、長編大作の分厚い本を読むのに凝っていて、内容というよりか、分厚い本を見つけては買って読んでいました。読書は、仕事が忙しいと一向に進まないのですが、超大作の前編後編を読み終えたときの達成感は、すごかったです。この前始めたのは、ミシンを買ったので、ブックカバーとか、小物入れとか、いろいろ作り始めてみました。作るのは楽しいし、自分でデザインとか出来て楽しいんだけど、あげれる人は限られてくるし、かといって同じ人にいっぱいあげるのも、なんだか悪いし(あまり物引き受取所みたいで)、なので、何か違う事を考え中です。作っても、消費できるもの、もしくは読書みたいに終わりがあるもの・・・。で、ちょっと違うんですが、ハーブを育ててみる事にしてみました。小さいベランダで出来る家庭菜園といえばハーブ(私の思い込み・笑)。バジルと、レモングラス植えてみました。これなら「育てる」から「収穫して食べる」事が出来て、量もそんなに多くないので、自分ひとりでも食べきれそうだし、一応育てあがれば「達成」になるし。でも、芽がでるまで待ち遠しいです。毎朝お水あげながら話しかけてます。盆栽とかが好きな人の気持ちがちょっとわかった気がします(笑)。早く大きくなるといいなぁ。

This entry was posted on 2014年4月17日, in 食べ物.

一人解決法

気分が乗らない日、落ち込んでいる時、天気がいい日はたいがいまず出かけます。行く場所はいつもばらばらで、その時にしたい事、その時に行きたい所へ気の向くままに車を走らせます。近くの大きな公園へ散歩しに行ったり、カフェでお茶をしたり、欲しい本を探しに本屋へ出かけたり、コンビニでおやつを買って山や川へ出かけたり、潮風を感じに海に出向く事もあります。雨の日は、表に出ると余計気分が落ちてしまうので、たまっている本を読んだり、録画しておいたサスペンスや洋画を見たり、ネットをしたりします。気落ちしているときは友達と過ごすことはほとんどありません。落ちているときに気を使うのは正直しんどいし、そんな状態で友達にあっても悪いと思うからです。基本的に考え込んでしまうので、無口になってしまって、ボーっと考えたりすることがものすごく増えるので、一緒にいてもらう友達にすまなくって・・・。昔は、友達と時間を過ごしてごまかす事が多かったような気がしますが、大人になるにつれ、少し考え方も変わってきたようです。自分で解決するとも取れますが、なんだかちょっと人付き合い悪いともとれそうですね、良し悪しです。最近が平穏な日が続いているので、しばらくこれが続くといいなと思います。

This entry was posted on 2014年4月1日, in 過ごし方.